家庭教師ヴォックス 家庭教師VOX

家庭教師ヴォックスは過去21年間、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県の東海4県で家庭教師という仕事を通してたくさんのお子さんに出会い、接して、卒業させてきました。

子育ての答えは薬の様にすぐ結果が出ない(家庭教師BOX)

こんにちわ!

家庭教師ヴォックスの加藤です。

今日は、中学生の子供を持つKママさんからの相談を載せますね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんにちは。はじめまして。

子育ての答えは薬の様にすぐ結果が出ないですよね。

後戻り出来ない所まで来てようやく気付き、その頃には子供は手を離れ、子育て出来ない(子育てと言われない)年齢になっている。

と言う新聞の文を見て、中学生になり、自我が出て融通の利かない年齢になった子供を持つ私に、ピッタリ当てはまり愕然となっています。

中学生と言えども、考え方は、まだまだ子供です。でも、自我主張が強くなって親の言うことに聞く耳を持たない所が多々有ります。

中学生は、もう子育て出来ない(子育てと言われない)年齢なのでしょうか?

勉強に意欲のない、後戻り出来ない所まで来てしまった子供にはどの様に、勉強に対して親が関与するべきか家庭教師ヴォックスさん流に教えて頂けませんか?

お忙しい所申し訳有りません。何か良いアドバイスをよろしくお願い致します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
質問ありがとうございます。なかなか大きなテーマです。

これまでもこのような質問に対してはいくつかの家庭教師ヴォックスの考え方をこのブログで示しました。

相談内容の骨格は、
-----------------------------
勉強に意欲のない、後戻り出来ない所まで来てしまった子供にはどの様に、勉強に対して親が関与するべきか
-----------------------------
ここになると思います。

よく、お母さんから、

「ウチの子が言うことを聞きません。それでも、成績上げることできるのでしょうか?」

なんて相談を受けたりします。

さあ、答えは、どうでしょう??

もちろん、答えは






ノーです。

-----------------------------
親の言うことを聞かない子供の成績を「親」が上げてやることはできません。
-----------------------------
そりゃあ、そうですよね?

といってもこれはあくまでも家庭教師ヴォックスの見解です。親の言うことを聞かなくても成績は上がります!という主張があってもイイ。

たとえば、親が家庭教師の先生に丸投げしておいたら「成績が上がった」なんてこともあります。

ただそれはたまたま、いくつかの条件が重なって、良い方向に作用したラッキーな話にすぎません。

だから、例えそんな風にうまくいっているときも、この状態がずっと続くという保証はどこにもないということを忘れてはいけないのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
学年が変わり、担当の先生が変わったら、元の状態に戻った
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
なんてことになってしまいますからね(>_<)

だからこそ、家庭教師ヴォックスは、「親がかかわることで成績を上げるノウハウを身につけましょう!」と提唱してるワケです。

さて、話を戻します。

親の言うことを聞かない子供の成績を「親」が上げてやることはできない。そして、親の言うことを聞かなくなるのは学年が上がるにつれて可能性が高くなる。これは誰もが認識されているはずです。

だから、まず、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
親にはどうしようもない時期がいつか来る
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
という覚悟で子供とは接するべきだし、そう思って今、取り組むべきなのです。

家庭教師ヴォックスは、その1つの目安を
-----------------------------
高校生になると口出しできない
-----------------------------
としています。

つまり、一部の子を除けば、中学生ならまだ何とかなるのと思っているわけです。

しかし、繰り返しますが、家庭教師ヴォックスの見解はあくまでも、
-----------------------------
親の言うことを聞かない子供の成績を「親」が上げてやることはできない!
-----------------------------
この範疇の中での話ですからね。

それを踏まえて、では、果たしてお宅のお子さんはどうなのか?

本当に何とかなるレベルなのか?どうなんだと。

心配だと思いますので、今回は、

「ウチの子はまだ間に合うか?」

その見分け方について、家庭教師ヴォックスが実際にやるやり方を具体的に書いてみます。

まず「レベル1」からお話して、「レベル2,3」とランクが上がるにつれて、症状が重くなっていくとお考え下さい。

家庭教師ヴォックスは最初に子供にこんな質問をします!
-----------------------------
成績が上がったら、いいと思う?
-----------------------------

子供が「Yes」と答えた場合:
親の接し方次第で、ちゃんと言うこと聞く子供です(※レベル1)。

子供が「No」と答えた場合:もう手遅れです!!

な~んてね!そんなことは、ありません。

子供が「No」と答えたら、改めて、こう質問します。
-----------------------------
楽して成績が上がったら、いいと思う?
-----------------------------

子供が「Yes」と答えた場合:
まだなんとかなります。(※レベル2)

子供が「No」と答えた場合:
この場合は、望みはありますが、少しやっかいです。

ハイ、では「No」と答えた場合の少し残った望みって何か?

それを知るために、さらに子供の
-----------------------------
勉強態度と生活態度
-----------------------------
を分けて考えます。

まず生活態度について、「親の言うことは聞き、問題ない」であれば、まだ大丈夫です。(※レベル3)

しかし、生活態度について、
-----------------------------
親の言うことを聞かない
-----------------------------
となれば、

残念ながら勉強については親が何か効果的なことをしてやるというのは難しいでしょう。(※レベル4)

勉強面で子供に言うことを聞かせたりするためには、まず生活態度の面で親の言うことを聞いているかが問題になるわけです。

わかりやすくするためにちょっと極端な例で書きますよ。

例えば、子供が頭を金髪に染めた!

「おい、黒に戻せ!自分でお金稼ぐようになったら、金でも銀でも虹色にだってしていいから!」

これはあくまでも例ですのでなんでもいいんです。

こうした子供の行為のうち、

◆親がこれはイカン!と思うこと

について、

◆指摘し、直す理由は何でもイイ

ですから、

◆親の意志、理由で、生活態度として、あるべき姿を主張する

それで子供が親の言うことを受け入れて直す。素直にじゃなくてもいいんです!しぶしぶでもいいんです。

要は最終的に絶対親が譲れない生活態度について、子供がそれを受け入れるかどうか。それができるなら、親が勉強も見て子供を変えられる可能性があります。このブログのテクニックを駆使する意味はある。

でも「なにー!!オレの髪が何色だろうが、テメーには関係ねえだろ!」なんてことになれば、それは厳しいです。

なにが言いたいか?

これまで何度か言っていると思いますが、親が認識しておくべきことは、
------------------------------
「生活態度」 → 「勉強態度」
------------------------------
この順番だということです。

親の言うことを聞かなくなっていく順番も、これと一緒。

生活態度がしっかりしないレベル4の状態の子に勉強を求めるのは無理ということです。成績がイイ子の親は、小学校に入る前ぐらいまでに、生活態度については厳しく「しつけ」をされる方が多いのも、そのためなのです。

というか、だからこそ勉強だって成果が出るともいえます。

さっきの例はわかりやすくするために極端な例を書きましたが、

例えば、
-----------------------------
家庭内で親子が挨拶を交わさない
-----------------------------
そういう家庭だと、成績だって限界があります。

なので、まずは、
-----------------------------
「親の言うことを聞かない」の程度を見極めること
-----------------------------

これが
-----------------------------
勉強に意欲のない、後戻り出来ない所まで来てしまった子供にはどの様に、勉強に対して親が関与するべきか
-----------------------------
の答えを探す第一歩になります。

「どんなテクニックを使えば子供がうなづいてくれるだろうか」とか絶対に子供が言うことを聞く「気の利いた言葉かけはなにか?」などを考えるのは時間の無駄であると思います。

テクニックや言葉そのものに価値があるのではなく、誰が言うのかが最大の問題なのですから。

厳しい言い方ですが「生活態度」についての親の意見に耳をかさない状態の子供には「その親」では勉強をどうこうすることはできないのです。

「その親」ができるのは、ここまで書いてきた「レベル」を上げる、4→3→2→1へとどうやって持っていくかを考えること。

ここまで書いてきてさらに厳しい方になりますが、すでに家庭で「レベル4」になっている方は「レベルを4から3」にしていくのもかなり難しいはずです。

そうなると「親」以外の誰かに頼らなければ難しい。

例えば、すでに「レベル4」になっている家庭で勉強をさせようとする場合、
-----------------------------
「勉強をさせるため」と称して、親の意に沿わない生活態度を緩めるような約束やヘンな妥協をしたり、褒美を与えてしまう
-----------------------------
傾向があります。

つまり、
-----------------------------
「生活態度」 → 「勉強態度」
-----------------------------
この順番が必定なのに、

その順番を逆に
-----------------------------
「勉強態度」 → 「生活態度」
-----------------------------
とするようなことを平気で行ってしまう土壌がすでに家庭の中に親の中にある。

これをやってしまうと勉強が最優先になっているにもかかわらず、勉強は全然ダメ・・・という結果を生むことになり、最終的には完全に自爆になります(>_<)

努力すればするほど、状態が悪くなる。

わかりますよね??

家庭教師ヴォックスは、常に親の方に

「親は子供に気を遣うんじゃない!子供が親に気を遣うんだ!」

なんて言っているわけですが、

子供に「手もみして気を遣って勉強していただく」ことにはかなりの弊害がある!と思っています。

勉強をさせるために、手もみして勉強させるのではなく、生活態度から入る!

これが基本だと、家庭教師ヴォックスは考えています。

あなたのご意見はいかがでしょうか?

お子さんの今のレベルとともに、新学年に向けてぜひ考えてみて下さい。

 

www.theholdsteady.com