家庭教師ヴォックス 家庭教師VOX

家庭教師ヴォックスは過去21年間、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県の東海4県で家庭教師という仕事を通してたくさんのお子さんに出会い、接して、卒業させてきました。

合格しなくてもいいよ。なんて本心から言ったことはありますか?

 

こんばんわ!

家庭教師ヴォックスの加藤です。

これから受験の親の方、来年受験の親の方、すでに受験が終わった方は入試を終えて気が早いですが次の入試に向けてしっかり頭に入れておいてほしい内容です。

この考え方は、家庭教師ヴォックスの加藤も学生当時から今もまったく変わりません。

必死になってやっているときこそ、熱くなっているときこそ、思い出してほしいことでもあります。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


今年の受験シーズンは佳境、塾では新年度に入る時期。とはいっても、学年はまだ小学5年生や中学2年生。にもかかわらず、塾での学年は受験学年となってしまうなんだか落ち着かない時期です。

そんな状態ですから、この時期に「受験まで1年きったよ」なんてあおる親の言葉にはいまいち反応しない子が多いものです。

でも、中にはこの時期にすでに「受験生」を自覚している子だっている(◎_◎)

「うらやまし~い!うちの子なんて、自覚ゼロよ!」なんて声が聞こえそうですが、この時期にすでに自覚している子ってどんな子だと思います?

これはあくまで家庭教師VOX加藤の感覚によるものですが、受験に対して「恐怖」を感じてる子が圧倒的に多いようです。

つまり、受験生を自覚している子供は「この学校に行きたい!」なんて思う気持ちよりも「来年受験に失敗したらどうしよう」などと心配し「勉強せねば」となっているようなのです。

では、受験がダメだったらどうしよう!?なんてことから、受験生であることを自覚する子と、そうでない子の決定的な違いは何か?

これは、性格というよりも、環境が大きいと思います。

特にこの時期であれば「恐怖」を感じてしまう出来事。

それは、「不合格」を目の当たりにすることです。具体的に言えば兄弟が、親戚が、近所の親しい子が受験で悔しい結果になったという現実。

今まで、受験というものにピンときていなかった子が、一瞬にして現実を知るわけです。

「あああ・・・」って。そして、親の期待に応えねばと真面目に考える子ほど「恐怖」を感じます。

なぜ、こんな話をするかというと、受験にとって「落ちることへの恐怖」は原動力にもなります。だから、このような現実にふれる機会がある環境は受験には有利な環境ともいえます。

でも、一方で「恐怖の原動力」にはデメリットもあります。1歩間違えれば、成長を減速させてしまうことになることを知ってほしいのです。

あまりにも心配の度が過ぎてしまうと、失敗のときのことだけが頭に浮かび、肝心な集中力などが欠けてしまうことになりかねません。この事実に親は「細心の注意」を払うべきです。

これは、不合格を目の当たりにする環境がある子供だけではありません。

なんとか子供に勉強をさせようとして、親が子供に「不合格の恐怖」をチラつかせる場合も、同じように細心の注意を払っておかないと、やる気にさせるつもりが裏目に出ることも多々あります。

では、もし子供自らが「落ちることへの恐怖」を感じ「落ちたらどうしよう…」なんてことを口にしたら、親のあなたは何と言いますか?
-----------------------------
今から頑張ったら、大丈夫よ!
-----------------------------
なんて、言ったりしないでしょうか?

よく使う言葉ですよね。でも、子供達にとって、そんな言葉なんて気休めにもなりません。なぜなら、受験で悔しい結果になった子だって頑張っていたことを知ってるワケですから(>_<)

-----------------------------
お前なら大丈夫よ!お母さん、信じているから!
-----------------------------
なんて最悪です。

お子さんには「ホメ殺し」にしか聞こえません(>_<)

さて、どうするか?

考えて欲しいのは、お子さん自身が受験することをどのようにとらえているかなのです。逆の言い方で言えば、受験することを親が子供にどうとらえさせるかということでもあります。

-----------------------------
合格するのが、自分の仕事(使命)
-----------------------------
なんてことになっていないでしょうか?

「さすがにそこまでは考えてないよ!」なんて思った方にお尋ねします。

では、お子さんに
-----------------------------
合格しなくてもいいよ
-----------------------------
なんて本心から言ったことはありますか?

志望校に合格することを目標にすでに頑張っているご家庭ではこんな言葉は「禁句」なハズです。ということは、知らず知らずのうちに「合格できなかったらどうしよう?」なんて気持ちに子供たちはなります。

先ほど話した「受験の悔しい結果」を目の当たりにした子や神経質な子であれば、なおのことです。大人が直接言わなくても「合格するのが、自分の仕事(使命)」と受け止めている子供達は多いのです。

受験が近づくにつれて精神的に不安定になるのも、このプレッシャーが原因であると家庭教師VOX加藤は思います。

プラスのプレッシャーであればいいけれども、マイナスのプレッシャーとなれば、見過ごすわけにはいきません。

これは、家庭教師VOX加藤が生徒を指導する際にも直面します。

そんな状況の子供達に家庭教師VOX加藤はこう言います!
-----------------------------
合格するのがお前の仕事(使命)じゃないぞ!
-----------------------------

この言葉を聞いた生徒達の驚く顔といったらありません(◎_◎)

さて、アナタなら続けて何と言いますか?

家庭教師VOX加藤は、
-----------------------------
合格するだけの勉強をするのがお前の仕事(使命)や!
-----------------------------
と言います(^_^)。

この違いわかります? なぜだか、わかりますよね?

でも、週に1回か2回行く家庭教師の先生よりも、毎日顔を合わせている親がこれをハッキリ言ってあげたら、どんなにいいでしょう。

やっぱ真剣勝負だからこそ、子供たちにはノリノリで頑張ってほしい。それを引き出すのは親。

誰かが言ってくれないかなあなんて待っていないで家で接する親が明確に本気で言ってあげましょう。
-----------------------------
合格するだけの勉強をするのがお前の仕事(使命)や!
-----------------------------

ああ、そう思えないなら言わないほうがいいですよ。「合格するのがお前の仕事(使命)」と思っているのに口だけで「合格するだけの勉強をするのがお前の仕事(使命)や!」なんて言っても子供は見破るから。

親に偽善の匂いを感じ取ったとき、子供は親の言うことを信用しなくなり、言うことを聞いてくれなくなりますから。

 

家庭教師VOXは愛知・岐阜・三重の東海地区で大活躍中!

     

家庭教師vox(ヴォックス)