家庭教師ヴォックス 家庭教師VOX

家庭教師ヴォックスは過去21年間、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県の東海4県で家庭教師という仕事を通してたくさんのお子さんに出会い、接して、卒業させてきました。

家庭教師ヴォックスを始めたのにゲームやスマホをやめてくれない!

 

 

こんばんわ!

家庭教師ヴォックスで教務をしております『山内りお』です。

りおって呼ばれてます。

私たち家庭教師ヴォックスではお子様達がゲームやスマホに夢中になってしまい、全く勉強をしない!という相談をよく受けます。

先日メールを頂いた内容です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

部活、学校とストレスがありながらも頑張っているので 空いた時間、ゲームをします。

1時間半か2時間くらいしたら 気が済むみたいですが 休日は時間を空けてまた始めます。

YOUTUBU等の動画に切り替えたりもします。

私も1時間ごとに叱っています。

ただ、これが親子関係を悪くする1番の原因で、 私の最大のストレスとなっています。

友達との会話に役立てば まだ仕方ないと思いますが

こだわりがあり、 自分だけのお気に入りのゲームなので 人との会話のネタにもならないです。

友達もあまりいないです。

保護者の方からいただいたメールなのですが、
この中に子どもがゲームにはまってしまう本当の理由が隠れています。

【お子様達はなんでゲームに逃げるのかでしょうか?】

この方の相談の最後の一文、友達もあまりいないです。

実はこれこそが、お子さんがゲームにはまる理由です。

お子さんの気持ちを代弁するなら、

・俺は友達がいない
・勉強も楽しくない
・家に帰ってからもやることがない

だからしかたなくゲームをするんだよ!!!
ということなのです。

お子様達だってゲームが好きでやっているわけではないのです。

やることがないから、仕方なくゲームをしているのです。

もちろん5%くらいの子は、心の底からゲームが好きです。

そういう子は、将来ゲームの仕事を目指せば、幸せになれます。

ただ95%の子は、ゲームが好きではないです。

この子もこのパターンだと思います。

【声掛けでやめさせるのは不可能】

ということは、どれだけ親が声をかけたところで、ゲームをやめさせることはできません。

なぜなら人間は、空白の時間を嫌うからです。

何もすることがないというのが一番の苦痛だからです。

もし、私たちも何もない部屋で閉じ込められてやることが無い状態だと気がくるってしまいますよね?

ではどうしたら良いのか?

答えは、
・ゲームよりも楽しいことを見つける
・友達を作る

のどちらかになります。

●ゲームよりも楽しいことを見つける

例えば海外の友達と英語でチャットという新しい趣味を見つけ、それがゲームよりも楽しいと思ったら、お子さんはゲームをしなくなります。

ひたすら英語の勉強をしてメールをします。

お子さんにとって、本当に楽しいと思えることが見つかるまで、いろいろな経験をさせましょう。

そのために最近、家庭教師の指導で喜ばれた事があります。

家庭教師の指導が終わって雑談をする時に、私の大学でやってる勉強や教科書を見せてあげながら、先生はこんな勉強をしてるんだっていうお話をしてるんですが、生徒さんが大学って面白そう!私も行ってみたい!と言ってくれて大学に行くためには、もっと成績や内申点を上げないとだめだ!

と分かったみたいで、急激に勉強を頑張ってくれてます!

おかげで前回の内申は23だった子が37まで上がりました!

私もですが、親御さんもとても喜んでくれて涙が出るくらい嬉しかったです!(^^♪

これが、家庭教師をやってて一嬉しい瞬間なんですよね(^◇^)

家庭教師ヴォックスでは大手センターさんみたいに先生任せでは無く、ヴォックス本部がバックアップしながら、お子さんたちのやる気や成績UPのお手伝いをしています。

ゲームやスマホをやめてくれないという事でお困りの方はお力になれると思いますので一度無料の体験学習を受けてみませんか?

f:id:prst:20130822154413j:plain